Ⅱ型キッチンで料理も片付けも楽に!使い勝手の良いレイアウトの実例紹介

Ⅱ型キッチンで料理も片付けも楽に!使い勝手の良いレイアウトの実例紹介

1つのカウンターにシンクとコンロが設置されているキッチンが一般的ですが、シンクとコンロが2つのカウンターに分かれて並列に配置しているキッチンをⅡ型キッチンまたはセパレートキッチンと言います。

お掃除を楽にしたくて壁付けのキッチンにしたいけれど、家族とも孤立したくないしみんなで楽しめるキッチンにしたい、という方にⅡ型のキッチンは最適。

今回はⅡ型のキッチンのレイアウト実例、収納の工夫、使い勝手の良さ、メリットデメリットについて紹介します。

Ⅱ型キッチンとは

シンクとコンロが別のカウンターに分かれている、並列配置のキッチンをⅡ型キッチンと言います。キッチンメーカーによっては「セパレートキッチン」と表現することもあり、セパレートキッチンを並列に配置した時にⅡ型キッチンになります。

ひとつのカウンターにシンク+コンロのあるキッチンで、背面にカウンター収納を設けたものをⅡ型の配置と言うこともありますが、ここではシンクとコンロが別のカウンターにあるキッチンのことをⅡ型キッチンと定義します。

Ⅱ型キッチンの配置タイプ

Ⅱ型キッチンの配置例
  • 壁付けのキッチン+アイランドキッチン
  • 共に壁付けのキッチン
  • 壁付けキッチン+ペニンシュラキッチン

というように2つのキッチンカウンターの配置には様々な組み合わせがあります。

コンロを壁付けのキャビネットに配置するのが一般的ですが、お料理教室をするキッチンや、加熱調理をしながらカウンターで食事をしたい人の場合はアイランド側にコンロを配置するのも良いでしょう。

Ⅱ型キッチンの特徴

家族一緒に料理できるキッチン
家族一緒に料理できるキッチン

Ⅱ型のキッチンはコンロのカウンターとシンクのカウンターを分けられるので、家族何人かで料理をする家や、キッチンスペースに幅が取れない家におすすめ。

あとはコンロ前は壁の方が汚れなくて良いけれど、できればオープンキッチンにして家族の様子を見ながら料理をしたい、という人にも適したキッチンです。

Ⅱ型キッチンの間隔とレイアウト実例

コンロとシンク位置が重ならないように配置したⅡ型のキッチン

Ⅱ型キッチンを計画するときは、シンクのある位置とコンロのある位置が真後ろにならないように配慮します。複数人で料理する場合は立つ位置が被ることがあるからです。並列に配置したキッチンの間隔を確保するので実際ぶつかり合うことは無いのですが、少しでもストレスは感じないようにします。

また、Ⅱ型のキッチンの間隔は広くなりすぎないことも大事。基本的には「1歩歩数が増えない」ようにしています。大抵の人が90cm程度の間隔だと使いやすいと言われていますが、みゆう設計室の場合はお客さまにキッチンショールームで距離感を確認してもらってから2つのキッチンの間隔を決めています。

それでは、みゆう設計室で設計してきたⅡ型のキッチンのレイアウト実例を紹介します。

レイアウト実例① 壁付け+ペニンシュラキッチン

広々としたステンレスカウンターのあるⅡ型のオーダーキッチン

「柚子の実る家」のキッチンはシンク側は大きなステンレスカウンターのペニンシュラキッチン。家族3人は並べるカウンターなので朝食を食べる時にとても便利とのことです。

Ⅱ型のキッチンだと座っている家族の近くが熱くならないですし、油はねもしないので安心ですね。

柚子の実る家のⅡ型のキッチンレイアウト
キッチンカウンター下部の引き出しは奥行もありたっぷり収納できます

コンロ側のキッチンとシンク側のキッチンの間隔は90cm。コンロ側にはお鍋、調味料などを収納して、シンク側に食器類を収納しています。両方の引出をあけても邪魔にならない距離感です。

シンクの下はOPENでゴミ箱やタオルを置けます

シンク下はオープンになっていて、まな板やゴミ箱、ゴム手袋などを置けるようにしてあります。ダイニングや庭の様子も見えてとても心地よいキッチンです。

実例を詳しく見る

広々としたステンレスカウンターのあるⅡ型のオーダーキッチン広々としたステンレスカウンターのあるⅡ型のオーダーキッチン

レイアウト実例② コンロ側を隠したⅡ型キッチン

座卓のダイニング

「昭和ガラスの家」は古い家の良さを活かしてリノベーションしたお住まいです。耐震改修を行ったので、耐震壁として設けた壁を「コンロ側キッチンを隠す壁」として有効利用しました。

シンク側のアイランドキッチンは洗い物をするだけのカウンターで小さ目です。それでもカウンターに2~3人腰掛けることも可能で、朝食時やお子さんのおやつ時間によく使われているそうです。

お客さんを招いてバーカウンターのように使うこともあるそう。コンロ側は壁をステンレスパネル仕上げにしたので、汚れてもお掃除しやすいですし、作業スペースが広いので家族でお料理をしやすいです。

昭和ガラスの家のⅡ型キッチンレイアウト
古さや自然素材と共存してステンレスが引き立つキッチン

実例を詳しく見る

庭が見えるキッチン古いものと共存する、シンクだけアイランドのおもてなしキッチン

レイアウト実例③ 壁付け+アイランドキッチン

白の人工大理石、白塗装のシナの面材、シラス壁がつくるやさしい素材感のキッチン

「フレンチナチュラルスタイルの家」のキッチンは、白ベースの大人かわいいキッチンです。リノベーションをする際に、家族で料理を楽しめるキッチンにしたいというご要望でした。

最初はアイランドキッチンとキッチン背面収納の組合せにしようかと思っていたのですが、アイランドキッチンにしようとすると希望の機器を入れるためのキッチン幅が確保できませんでした。そこで窓のある面にコンロを設けたⅡ型のキッチンをご提案しました。

コンロの横には柱があるので、オーダーキッチンにしてキッチンをぴったりサイズにおさめています。

ミーレの60センチ幅食洗機のあるアイランドキッチン

シンク側にはミーレの食洗機がおさまっています。

白ベースの大人かわいいⅡ型のキッチン

実例を詳しく見る

白いシンクのみアイランドのⅡ型のキッチン大人かわいいアイランドキッチン

レイアウト実例④ 3つの島のキッチン

3つの島のキッチン

「二人のフォーメーションキッチン」は少し変わった形状のⅡ型キッチンです。以前のキッチンでは夫婦二人が料理をするときにお互いの作業スペースが確保できずにストレスを感じていました。

そこで、コンロのある壁付けのキッチン、シンクと食洗器のあるアイランドキッチン、家電を並べた収納たっぷりの壁面収納の3つの島のあるキッチンを作りました。

シンクの両側、コンロの横、また背面収納もカウンターを大きく設けたので、夫婦で場所を取り合いすることがなくなったそうです。

二人のフォーメーションキッチンのⅡ型のキッチンレイアウト
二人で作業しても干渉しないキッチン

食洗機をあけてすぐ後ろに引き出し収納がたっぷりあるので、食器類の片付けもしやすくなりました。

実例を詳しく見る

コンロ前壁面に吊るす収納奥行撲滅!片付けやすく取り出しやすい、機能別に設けた3つの島のキッチン

Ⅱ型キッチンの収納の工夫

アイランドキッチンのまな板収納
シンク側にまな板収納や食洗機、包丁などを収納

Ⅱ型のキッチンの収納では、シンクの近くに収納する物とコンロの近くに収納する物を考え、収納キャビネットの構成を決める必要があります。

キッチンにそれほどサイズが取れないときは、思ったよりもキッチン本体に収納を確保できないこともあります。そのような間取りになったときは、近くにパントリーを設けることをオススメします。

また、みゆう設計室でⅡ型のキッチンをご提案するときはシンク下をOPENにしてゴミ箱を置けるようにすることが多いです。Ⅱ型のキッチンだとゴミ箱スペースを確保するのが難しいことが多いので、リビングダイニングからは見えにくいシンク下を利用します。

シンク下にはゴミ箱やまな板がおけるスペースを
シンク下をオープンにしてゴミ箱やまな板を置けるようにしてあります

キッチンメーカーのⅡ型キッチン

TOTOのセパレートキッチン

以前はⅡ型のキッチンを作ろうと思うとオーダーキッチンにしないと難しかったのですが、最近はキッチンメーカーさんもⅡ型のキッチンも増えています。

サイズは限定されていたり、食洗器の深型を選びにくかったりと条件は限られていますが、導入したいキッチンサイズとぴったり合う場合は良いと思います。Ⅱ型のキッチンを選びたい場合は寸法をしっかり決めて、キッチンショールームでレイアウトしてもらうと良いでしょう。

Ⅱ型キッチンは高い?本体の費用について

とても魅力的なⅡ型のキッチンですが、費用が気になりますよね。

みゆう設計室がご提案する場合はオーダーキッチンにすることが多いので、I型のキッチンやL型のキッチンと比べてコストアップになるということはあまりないのですが、キッチンメーカーの場合はⅡ型のセパレートタイプにできるキッチンシリーズが限定されていることが多いです。

大抵キッチンメーカーの最上位シリーズになりますので、キッチンにそこまでコストをかけたくない、という方には選びにくいかもしれません。

Ⅱ型キッチンのメリットデメリット

最後にⅡ型キッチンのメリットデメリットについて考えてみました。

Ⅱ型キッチンのメリット

Ⅱ型キッチンのメリットはやはりキッチンをオープンにしながらもコンロ側を壁向きにすることが可能な点だと思います。お子さんが小さいと、アイランドキッチン側にコンロがあると危ないと感じる方もいるでしょう。そのような方にも安心できますね。

コンロ横、シンク横にそれぞれ作業スペースができるので家族で料理しやすいのもメリットです。

コンロ側の壁に引掛ける収納もできるのが良いですね!

コンロ前壁面に吊るす収納

Ⅱ型キッチンのデメリット

Ⅱ型キッチンのデメリットは、シンク側でお野菜などを洗って、それをお鍋のあるコンロ側に移動するときに水滴が床にこぼれることです。ふきんなどで押さえていれば大丈夫でしょうけどね!

あとはキッチンメーカーでⅡ型のキッチンを作ろうとすると比較的コストがかかりがちで、サイズや配置が限定されることもあります。

まとめ

まとめ:Ⅱ型キッチンで料理も片付けも楽に、楽しく!
  • Ⅱ型キッチンはコンロ側のお掃除がしやすく、家族の様子が見やすいキッチン
  • 家族みんなで料理しやすい
  • コンロの位置とシンクの位置は背中合わせにならないように
  • コンロとシンクのカウンターの間は広すぎず、狭すぎず(90cm程度がおすすめ)
  • コンロ側にはコンロ側で使うものを、シンク側にはシンク側で使うものを収納
みゆう建築士
みゆう建築士

Ⅱ型キッチンはお客さんを招きやすい、掃除が楽!と、とても喜ばれるキッチンです。Ⅱ型キッチンのある、家事ラクで暮らしやすい家をつくりたい方はみゆう設計室にお声掛けくださいね!!

いえづくりレシピLINE公式アカウント友だち追加してくださいね
友だち追加

その他のいえづくりレシピ

もっと見る

家事がしやすい家を一緒に作りませんか?

LINE友達追加でいえづくりレシピPDFプレゼント