「居心地の良い家」をつくる

居心地の良い家をつくる

リラックスできる家にするために、どのような家づくりをしたら良いと思いますか?

広さ、収納量、機能については家づくりの際に誰もが意識すると思いますが、リラックスできる家を作りたいのにも関わらず、「居心地の良さ」に重きを置く人は少ないのではないかと思います。

居心地の良さは、その空間の素材感、広さ、天井の高さ、そしてシーン(見え方)、動線などの建築的な配慮と「お気に入りのもの」などの好み、家族(時には来客)との距離感から作り上げることができます。

「居心地の良い家」は心落ち着く時間をつくり、日々の暮らしに活力を生みます。普段忙しい子育て家庭にこそ、ほっとする、リラックスできる空間のある家づくりをオススメします。

「いえづくりレシピ」は女性一級建築士みゆうが書いています。年子兄妹の育児・家事と仕事の両立に奮闘してきました。
その悩みと経験を活かして、子育て中のパパママの家事・育児負担を減らす家を設計しています。
家事ラク動線の家づくりについても、自身の経験と、お客さまと作り上げてきた実例からご紹介します!

みゆう

「居心地の良い家」とはどのような心地良い要素を持つ家なのでしょうか?

居心地の良い家をつくる

ところで「居心地の良い家」とはどのような心地良い要素を持つ家なのでしょうか?
女性建築士みゆうが「居心地の良い家」をつくるために意識して設計しているポイントは次の6つです。

「居心地の良い家」とは
  1. スケール感(寸法、サイズ)から感じる心地良さ
  2. 収納と片付けやすさから感じる心地良さ
  3. 色と素材から感じる心地良さ
  4. 暮らしにお気に入りを取り入れた心地良さ
  5. シーン(見え方)、動線、光や風の入り方など環境からうまれる心地良さ
  6. そこにいる人との関わり、距離感からうまれる心地良さ
それでは、この「居心地の良い家」をつくる6つのポイントについてそれぞれご説明します!

みゆう

1.スケール感(寸法、サイズ)から感じる心地良さ

スケール感

心地良い空間のイメージは「天井が高い」「広い空間」「大きい開口の窓」といわれることが多いです。しかし、狭い空間で天井が高いと一層狭く感じることがありますし、広すぎて落ち着かない部屋もあります。

大事なのは「ヒューマンスケール」と「バランス」。その空間に合った広さや、窓の高さ・大きさがあるのです。
(ヒューマンスケール:人間の身体を尺度にして空間との関係を考えること。人間の感覚や動きに適した空間の規模のこと)

みゆう

テーブルと椅子を使う空間は少し天井が高めの方が上質な空間に感じます。意外と狭くて一人で籠もれるような空間(ヌックなど)が落ち着くと言われます。どんな過ごし方をしたいのか、どんな家具を使いたいのか、という視点から考えると暮らしに必要な広さ、スケール感が分かりますよ!

2.収納と片付けやすさから感じる心地良さ

収納と片付けやすさから感じる心地良さ
すっきりと片付いた空間だと心地良いと感じますよね。お気に入りのものを飾るにも、好きなものがある空間を作るにも、やはり片付いた空間の方が落ち着きます。
片付けやすくすっきりと収納できてこそ、居心地の良い空間になりますね。

引き出しの中に文庫が収納できる本棚

みゆう

普段過ごす場所がすっきりと片付くためには、過ごす場所に必要な物(例えばテレビの近くならテレビのリモコン、読書する場所なら新聞や雑誌・本など)を収納できることも大事です。

3.色と素材から感じる心地良さ

色と素材から感じる心地良さ

漆喰の壁、畳や無垢のフローリングの床のように本物の素材を使うととても家が心地よくなります。予算との兼ね合いもありますが、自然素材を適切に使うと心地よい空間になります。

また、色や柄も上手に取り入れると空間のお気に入り度が増します。色の効果をつかってリラックス空間を作ることも可能です。

漆喰の壁

みゆう

木の家がいい!という方は多いですが、自然素材の使いすぎは野暮ったく見えることもあります。色を取り入れるのも、自然素材を取り入れるのもバランスが大事ですね。

4.暮らしにお気に入りを取り入れた心地良さ

お気に入り

趣味を楽しめる家、好みのテイストを揃えた家。コレクションを飾れる家。
暮らしに「お気に入りのもの」を取り入れると、日々の暮らしの満足度が高まり居心地の良い家になります。
家が大好き!と感じる場所がたくさんあると、毎日が楽しくなりますね。

子ども部屋を設けるタイミング

みゆう

リラックス空間のリビングダイニングに限らず、例えば「部屋のドアの色が好き」とか「鏡の形が好き」というように、小さなお気に入りが集まると、家の色んな場所が大好きになります。そんな「お気に入り」がたくさんある家、大好き!だと感じる家を作りましょう。

5.シーン、動線、光や風の入り方など環境からうまれる心地良さ

光・風・環境・シーン

光を取り入れるときは窓から熱も入り込むので、カーテンやガラスの機能も考え、
内装の色や窓の位置、素材感で明るさをトータルに計画します。
基本的には風が通りやすい窓計画にし、外からの見え方、部屋から見える風景などにも配慮します。

寝室の窓を高めにすることで、ベッド配置が自由に

6.人との距離感からうまれる心地良さ

人との距離感からうまれる心地良さ

子どもの幼児期は親子がお互いの様子が見て安心できる間取りが好まれます。その時期は、子どもの居場所とお母さんが家事をする場所のそれぞれの心地よさが必要です。

子どもが大きくなると、今度は子どもの様子が見えにくくなります。そういう時は近くにいて様子を伺いながらも、子どもが自分の居場所を感じる空間をつくると良いと思います。

これは夫婦二人の関係、親子二人の関係も同じ。向き合い過ぎるとケンカになることもあります。

いつも同じ空間に一緒にいるから安心するのではなく、ほど良くお互いの存在を感じ、尊重しあう空間は、居心地の良い空間になります。

家族との距離感

みゆう

程良い距離感を持てると同じ空間でも一緒に過ごしやすくなりますね。
椅子の配置を少し変えただけで居心地の良い空間が生まれたことがありましたよ!

家の「居場所」とは「家族が集う場所」に限らない

居場所

「居心地の良い場所」「居場所」と聞くと、リビングやダイニングでリラックスする空間をイメージするかもしれませんが、そのような家族が集う場所に限定するものではありません。

みゆう設計室が設計した「森を望む家」は家が完成して暮らし始めてから、お客さまが「家に居場所がたくさんある」と感じたそうです。

例えば「洗面所で洗濯物を畳む場所」「書庫で思わず本を読んでしまうスペース」というように、家事をする場所、収納をする場所でも動線や配置、窓開口などの配慮をすると心地良い空間になります。

一度住まいの中での「居心地の良い居場所」について考えてみませんか?
少し囲われたベンチソファ

まとめ

「居心地の良い家」をつくるレシピ。いかがでしたか?
あなたにとっての「居心地の良い家」、いえづくりレシピを参考にしていただければ幸いです。

まとめ
  • 居心地を良い家にするには、まずその場所で使うものを片付ける収納を
  • 欲張らず、適切な広さと窓サイズで環境の良い空間をつくる
  • 動線と交わらない、囲われた空間は居心地が良い
  • 大好き!と思える場所を家のいろんな場所に作ろう
  • 家族と程良い距離感を持てる空間は居心地が良い
ここに書いていることは「居心地の良い家」をつくるための方法の一つです。大事なのは、あなたにとっての「居心地の良い家」をつくること。環境や家族との距離感、過ごしたい時間などについても考えてみてくださいね!

みゆう

「居心地の良い家」の記事

「居心地の良い家」を作りたいなら!

「居心地の良い家」を作りたいのなら、そして失敗しない、満足度の高い家をつくるなら、みゆう設計室にお任せください。

女性一級建築士が育児・家事と仕事の両立に奮闘し、その悩みと経験を活かして、子育て中のパパママの家事・育児負担を減らす家を設計します。「こうしたらもっと居心地よく暮らせるはず!」と経験を活かして住宅設計をしているので、子育てファミリーでも安心できる居心地の良い家ができますよ。

また、遠方なので設計のセカンドオピニオンや間取り相談だけをしてほしい、というご依頼にもお答えしています。

家をつくるからには「居心地の良い家」にしたいですよね。心地良さを整理するのは少し大変な作業でもあります。みゆう設計室では「あなたが心地良い暮らし」をヒヤリングして整理し、居心地の良い家を設計します。設計を依頼したい、相談してみたい!という方はお問合せくださいね。

みゆう

資料請求で「家づくりレシピ」をプレゼント

いえづくりレシピ
みゆう設計室がわかるハンドブック

資料請求して下さった方に、A5版26ページのハンドブック「みゆう設計室の家づくりレシピ」をプレゼントしています。