「子育てしやすい家」をつくる

育児の考え方や、子どもとの向き合い方は人それぞれ。だからこそ、子どもとの向き合い方や関わり方を反映させた家は「子育てしやすい家」になります

まずはお子さんの性格を思い浮かべて・・・あなたは、子育てする上で、どのような家だったら良いと思いますか?

私のワーキングマザーとしての経験や悩みとお客さまとの対話、ご意見から生まれた「子育てしやすい家」。リアルな声を元にした子育てしやすい家について紹介します。「子育てしやすい家」を作って、育児ストレスを軽減させた笑顔の日々を過ごしませんか?

「いえづくりレシピ」は女性一級建築士みゆうが書いています。年子兄妹の育児・家事と仕事の両立に奮闘してきました。
その悩みと経験を活かして、子育て中のパパママの家事・育児負担を減らす家を設計しています。
「子育てしやすい家」についても、自身の経験と、お客さまと作り上げてきた実例からご紹介します!

みゆう

「子育てしやすい家」とはどのような家?

子育てしやすい家

ところで「子育てしやすい家」ってどのような家なのでしょうか?
女性建築士みゆうが「子育てしやすい家」をつくるために意識して設計しているポイントは次の6つです。

「子育てしやすい家」とは
  1. 育児ストレスを減らす家
  2. 子どもの自立を促す家
  3. 子どもと一緒に過ごしやすい家
  4. 子どもの成長段階に合わせて変化しやすい家
  5. 「使える」子ども部屋がある家
  6. 安全で、健康に過ごせる家

みゆう

それでは、この「子育てしやすい家」をつくる6つのポイントについてそれぞれご説明します!

1.育児ストレスを減らす家

育児ストレス軽減

まずはあなたにとってどんな点が育児ストレスとなるのか考えてみましょう。
例として「子どもが壁を汚すこと」について考えてみます。

壁が汚れることに関する育児ストレス
  • 壁を汚されることがイヤ!
  • 壁を汚すのは仕方ないけれど、汚れが簡単に落ちないのがイヤ!
  • 壁を汚すのは仕方ないけれど、将来壁紙を貼りかえることがイヤ!
  • 子どもが壁紙をはがすのがイヤ!
  • 子どもは壁を汚すものだからあまり気にしない

「子どもが壁を汚すこと」に対しても、ストレスを感じる点は人それぞれです。
あなたがイヤだと感じるのはどの点ですか?過去には安っぽいクロスの汚れ方はイヤ、というように素材に限定して汚されると嫌だと感じる人もいました。
私は漆喰などの左官壁や木の壁が好きですが、「壁を汚されることがイヤ!」と思う方にはそのような壁を勧めません。

まずは家のどんな部分に育児ストレスを感じるのかリストアップしてみましょう。
下記の点で育児ストレスを感じることが多いようです。人とは少し違うと感じてもOK。

育児ストレスを感じる点
  • 音や振動(自分がうるさいと感じるか、近隣に対して気を使うからか)
  • 汚れや傷(汚れがつくこと、汚れを掃除しないといけないこと)
  • 危険なこと
  • 勉強をしない、学用品を整理しない
  • 子どもが片付けをしない(おもちゃなど片付けが大変)

育児ストレスを感じるものをすべてをなくすことは難しいかもしれません。
しかし、許容できるもので素材や空間を選ぶことで、極力育児ストレスを軽減できる家になると思います。(片付けに関しては次の2番をチェック!)

みゆう

基本的に家は経年変化で劣化して汚れていくものです。
私はメンテナンスしやすい素材、年月が経って味が出てくる素材などを勧めることの方が多いです。
まず、家はずっと新築と同じ状態ではないと認識して、メンテナンスをすることも家族で楽しめるようになると良いなと思っています。

2.子どもの自立を促す家

子どもの自立を促す家
小さな子どもでも、身の回りの事を自分でしたり、お手伝いをしたりすることで自分に自信を持てるようになります。
「親がやってあげたほうが早い」と思うこともありますが、見守ることで子どもの成長に繋がるのだと思います。
子どもが自分で「やりたい!」「できる!」と思うような工夫。「わざわざ」にならず、その場に片付けられる収納など。家のありかたで子どもの自立を促すことも可能です。

「子どもの自立を促す家」の具体例
  • 帰ってきてすぐに手洗いうがいができる洗面台
  • 玄関にランドセル収納
  • どこに何があるか分かりやすい収納
  • 近くて明るいトイレはトイレトレーニングしやすい

みゆう

子どもに「〇〇しなさい!!」と言ってもなかなかスムーズに動いてくれないですよね・・・。「目の前にないからできない」ことであれば「目の前にあればできる」ようになるかもしれません。少しでも子どもが自分から自然に動ける動線の家であれば、子どもの自立にも繋がり、育児ストレスも軽減しますね!

3.子どもと一緒に過ごしやすい家

子どもと一緒に過ごしやすい家

家族が揃う休日に家でゆっくり過ごしたり、家にいる時間を家族一緒に楽しめるようにしたいという子育てファミリーは多いと思います。
しかし、どのように過ごしますか?と伺うと、意外とそのイメージができないもの。

一緒に過ごすと言っても、必ずしも親が子どもと一緒に遊ぶというわけではないと思います。

むしろ、子どもが遊んでいる横で、大人も自分の時間を楽しめる家。
それが子どもと一緒に過ごしやすい家なのではないかと思っています。

みゆう

子どもと一緒に過ごしやすい家、というと小さなお子さんと過ごしやすい家をイメージしがちですが、程良い距離感を保てる家だと子どもが成長して青年期になっても家族が一緒に過ごしやすい家になります。

4.子どもの成長段階に合わせて変化しやすい家

子どもの成長段階に合わせて変化しやすい家

家を建てる時の子どもの年齢を元に家づくりをすると思いますが、今現在の育児の仕方、子どもとの関わり方だけで「子どものいる住まい」を計画することはできません。
子どもの成長段階によって空間の使い方は変わりますし、自立して家を出る時期も早いか遅いかは分かりません。逆に、早くに家庭を持って孫を連れて帰ってくるかもしれません。

家族の暮らし方、将来の生活スタイルは分からないので、その変化に対応できる空間づくりが必要です。

みゆう

子どものことだけでなく、夫婦がその家で過ごす将来のイメージも考え、変化の可能性をいくつか考えておくと自由度の高い家になると思います。

5.「使える」子ども部屋がある家

「使える」子ども部屋がある家
子ども部屋を使うようになるのは一般的に小学校高学年以降が多いようです。
子どもの性格と子育ての考え方によって子ども部屋の使われ方は異なりますが、しっかり子ども部屋を作っておいても、乳児期から小学校高学年まで約10年は子ども部屋として機能しない家が多いと言われています。

しかし、思春期以降は必要な子ども部屋。
その時に困らないように、子ども部屋として使うまでの期間に部屋を有効利用する計画を立てることをオススメします。

子ども部屋として機能する前にどのようにその部屋を利用するか、また子どもが独立してからその部屋をどう活かすか。家を建てる前に一度考えてみましょう。

みゆう

子ども部屋として作った部屋を納戸として利用している家庭はとても多いです。でもこれはとても危険。その部屋が子ども部屋として必要な時期には、家族それぞれに持ち物が多くなります。その部屋を片付けるのはとても大変です。また趣味部屋にすることも危険。子どもに部屋を明け渡したくなくなります!家族皆でうまく使える部屋にするのがおススメです。

6.安全で、健康に過ごせる家

安全で、健康に過ごせる家

子どもが安心できる家は、両親が笑顔で見守ってくれる家。
そして安心、安全で、心地よさを感じる家だと思います。

空気・温熱環境が良く、清潔で、かつ心穏やかに過ごせる健康に過ごせる家。
家で事故が起きない安全の配慮や、耐震強度の高い家にすることも大事。家具を造り付けにしておくと、地震の時の転倒も避けられます。

気を付けないと危険であることを知るのも家での学びです。水や火は危険だから使わないのではなく、使い方を暮らしの中から学ぶと良いと思います。

みゆう

造り付けの家具を設けた家で、大きな地震があったときに壊れたのがコップ一つだったと聞きました。家具が固定されていることで家具の転倒を避けるだけではなく、物の飛び出しも避けられたようです。子ども部屋をコンパクトにした場合は造り付けの家具をつくることをオススメしています。

子育てファミリーの土地探し

「家を建てたい」
そう考えた時に、最初に必要になるもののひとつが「土地」

いろんな条件があって、土地を購入することとなると思いますが、子育てファミリーには「土地の価格」だけでない、いろんな土地の要素が必要になると思います。

ママ建築士だからこそ、土地探しのときに気になる点をまとめました。

この記事チェック!
雨の日に心地よい住まい 子そだてファミリーの土地探し

子育てしやすい家をつくるレシピはいかがでしたか!?自分たち家族にとって子育てしやすい家を建てたい、という方はみゆう設計室にお問合せくださいね。

みゆう

まとめ

「子育てしやすい家」をつくるレシピ。いかがでしたか?

子育て中だから、家づくりが楽しい。

そう思って家づくりをすることが、一番の「子育てしやすい家をつくる方法」です。

子どもがいると「片付かない」「落ち着かない」「汚れる」などのネガティブ要素が増えるのは仕方のないことなのですが、それ以上に「子どもがいるから家にいる時間が楽しい」と思える家の方が家が好きになれると思っています。

子どもと関わる家をつくる、というのは本当に楽しいものです。ぜひ、子育てしているから家づくりが楽しい、と感じられるような家づくりをしてくださいね!!

まとめ
  • 育児ストレスを感じる点を洗い出してみよう
  • 「わざわざ」にならない家は、子どもだけでなく大人も暮らしやすい
  • 同じ空間にいても程よい距離感を保てると家族一緒に過ごしやすい
  • 子どもの成長段階に合わせて、暮らしも変化させてみよう
  • 子育て中だから、家づくりが楽しい。
ここに書いていることは「子育てしやすい家」をつくるための方法の一つです。大事なのは、あなたたち家族にとっての「子育てしやすい家」をつくること。お子さんと向き合って、自分たち家族が一番良いと思う家を作って下さいね。

みゆう

「子育てしやすい家」をつくる記事

「子育てしやすい家」をつくりたいなら!

「子育てしやすい家」をつくるなら、そして失敗しない、満足度の高い家をつくるなら、みゆう設計室にお任せください。

女性一級建築士が育児・家事と仕事の両立に奮闘し、その悩みと経験を活かして、子育て中のパパママの家事・育児負担を減らす家を設計します。「こうしたらもっと楽に家事ができそう!」と自らの経験を活かして住宅設計をしているので、家事が楽な家を一緒に考えて、子育てファミリーでも安心できる家ができますよ。

また、遠方なので設計のセカンドオピニオンや間取り相談だけをしてほしい、というご依頼にもお答えしています。

家をつくるからには育児ストレスを感じない、笑顔で子育てできる家にしたいですよね。お子さんとの関わりを整理するのは少し大変な作業でもあります。みゆう設計室ではヒアリングして整理して、子育てしやすい家を設計します。設計を依頼したい、相談してみたい!という方はお問合せくださいね。

みゆう

資料請求で「家づくりレシピ」をプレゼント

いえづくりレシピ
みゆう設計室がわかるハンドブック
資料請求して下さった方に、A5版26ページのハンドブック「みゆう設計室の家づくりレシピ」をプレゼントしています。