森を望むダイニング


 
「森を望む家」のダイニングは建築主がイメージされた空間をそのまま形にした空間です。
大きな窓とカウンター、森が見えるダイニングです。

大きな窓とカウンターのあるダイニング

ダイニングテーブルの配置以上に、建築主がイメージしていたのがハイカウンターとペンダントライト、木製の大きなガラスの窓。
カウンターでコーヒーを飲んだり、パソコンを使ったり。
ダイニングテーブルとは違う、このお気に入りの空間の「居場所」をつくる。
そんな思いをそのまま形にしています。

ダイニングテーブルから見た森の風景
ダイニングテーブルから見た森の風景

車庫からの階段部分も取り込んで広さを見せる

ダイニングのCB腰壁の奥は車庫からキッチンにあがる階段です。
あえてCB壁にしたのは北欧の空間のイメージに奥様が憧れていたから。
腰壁にしているので、ダイニングに奥行を感じさせます。

北欧の住まいをイメージしたCBの腰壁
北欧の住まいをイメージしたCBの腰壁

ダイニングとつながるウッドデッキ

風景として森が見えるだけではなく、屋外での時間も楽しめるようにダイニングとウッドデッキをつなげています。
このウッドデッキで食事をするシーンをテレビにて(毎日放送「住人十色」)でも紹介して頂きました。
朝食をこのウッドデッキで食べることもあるそうです。

カウンターとウッドデッキ
カウンターとウッドデッキ