気配を感じる子ども部屋


 
「インナーテラスのある家」の子ども部屋はフリースペースと一体となった空間です。

フリースペースと一体に使える子ども部屋

お子さんが小さいうちは、子ども部屋を設けていても使われない部屋になることが多いようです。
子どもが大きくなったら使う、という想定ではもったいない。
子ども部屋は小さいころから使えて、大きくなったら個室として使えるよう、そして子どもが独立した時には夫婦が空間を有効活用できるような間取りにしておくことを勧めています。

「インナーテラスのある家」の子ども部屋とフリースペースは2枚の建具で仕切れます。
フリースペースと一体になって使えるようになっていて、ご主人の書斎コーナーや寝室とも連続する空間になっています。

部屋はコンパクトですがフリースペースと子ども部屋用のウォークインクローゼットを合わせるとゆったりとした子ども空間になります。
学習机が必要になったら、フリースペースに机を並べる予定です。

子ども部屋のカーテンは外から見えにくいふんわりとしたミラーカーテン。
無垢のヒノキフローリング、高千穂シラスの左官壁、ふんわりとやさしい素材のカーテン。
やさしい素材が集まる子ども部屋です。

やさしい素材感の子ども部屋
やさしい素材感の子ども部屋