洗濯機能も収納も充実した洗面所

「都会の小さな森の家」は洗面所と浴室を2階に設けました。
洗濯に関連する一連の作業がすべて2階で片付くのでとても家事が楽になる間取りになりました。

洗濯に関連する一連の作業がすべて2階で片付く
洗濯に関連する一連の作業がすべて2階で片付く洗面所

高天井で電動ホシ姫サマを使用

洗面所で洗濯をしたあとすぐにハンガーにかける作業を済ませることが可能な室内物干しユニット、ホシ姫サマを設けました。
勾配天井で高めの天井にしてあり、天窓もあるので、高い位置に洗濯物をあげておけば邪魔になりません。
電動なのでとても手軽に利用できます。

高天井なので室内干しの洗濯物もあまりじゃまにならない
高天井なので室内干しの洗濯物もあまりじゃまにならない

スペースたっぷり、工夫盛りだくさんの洗面収納

洗面所には洗面台の下部の収納、洗濯機上部の収納、背面収納など、スペースを最大限活かして使いやすい収納を設けました。
特に洗濯機の上は洗剤類だけでなく、洗濯に関連するハンガーやピンチハンガーなども収納できます。

背面収納は横にハンディ掃除機を引掛けるスペースも確保しています。ここで充電もできる機能的な収納です。

洗濯機の上は洗濯物を干すためのハンガーなどを収納
洗濯機の上は洗濯物を干すためのハンガーなどを収納

奥行浅めの洗面所収納

洗面台の背面にも薄目の収納を設けています。
タオルやストック品、部屋着や下着などもすべて収納しておけます。
あまりスペースが広くないので、下部はOPEN棚に。無印良品のかごがぴったり入るサイズで計画しました。

洗面台の背面には部屋着やタオルストック品の収納を
洗面台の背面には部屋着やタオルストック品の収納を

意外とお風呂はコンパクトで大丈夫だった

基本設計のときに悩んだのがお風呂のサイズでした。
間取りのベースがほぼ決まってきた頃に、お風呂は広めにした場合、洗面所からウォークインクロゼット、寝室に回遊できる動線を確保する間取りにすることが難しくなりました。
奥様はご家族が狭く感じないようにお風呂を優先しようと思っていたので、間取りを再考していたところ、ご主人から「お風呂はコンパクトで十分」と驚きの発言が。
そのため回遊できるドア幅を確保できる最大限のサイズのユニットバスを設置することにしました。

シンプルなユニットバス
シンプルなユニットバス

PHOTO ALBUM

「都会の小さな森の家」の概要

都会の小さな森の家