自分仕様で理想のキッチン!オーダーキッチンをおすすめする理由~使いやすいキッチンで家事が楽になる

おしゃれなデザイン、自分のキッチンツールにフィットする無駄のない収納、自分の料理方法に合う機能。自分仕様のキッチンをつくると料理も片付けもしやすくなります。暮らしに合わせたキッチンデザインをすると、形や機能を「標準仕様から選ぶ」システムキッチンでは使い勝手が合わず、オーダーキッチンを製作することが多くなります。

オーダーキッチンってお値段が高そう、何を選んだらよいか難しそう、と不安に思う方のために、今回はオーダーキッチンを勧める5つの理由について書こうと思います。

(1)必要なキッチン機能を満たすため

シンクのみアイランドのキッチン
「フレンチナチュラルスタイルの家」のシンクのみアイランドのキッチン

キッチンをデザインする前にはどんな料理をよく作るか、どんなお鍋や調理器具をよく使うか、キッチンにいる時の家族の関係などについてヒアリングします。そのような「キッチンの使い方」をベースにキッチンデザインをすると、既製品で対応できないことが多いです。

こんなキッチンにしたい!という要望
  • リノベーションなので柱がある部分にキッチンを設けたい
  • 海外の食洗機を使いたい
  • シンクのみアイランドのキッチンにしたい
  • 土鍋を置きやすいOPEN収納が欲しい
  • シンク下にゴミ箱を置きたい

これらの要望にスムーズに対応できる既製品のキッチンはあまりありません。グレードの高いキッチンで対応できることもありますが、別の条件で何かしら妥協する点がでてきます。また、A社のキッチンの引き出しは良いけど、シンクは好きじゃない・・・というような悩みを相談されたことがありますが、オーダーキッチンなら解決します。

必要なキッチン機能を満たすために、最終的にオーダーキッチンを選ぶことが多いのです。

(2)無駄な収納スペースを作らないため

キッチンの巾木収納

既製品のシステムキッチンには収納の仕方に「流行」があります。各住宅設備機器メーカーのショールームに行くと素敵なキッチンがたくさんありますが、複数のショールームに続けて行くと、収納のスタイルが似ているので「同じキッチンに見える」のです。

そのシステムキッチンが自分の家事の仕方に合えばそれを選んで良いと思います。ただ、食器や調理器具の量や収納の仕方、料理の仕方に合わせたキッチンにしようとすると、全て制作をした方が「ストレスのないキッチン」になる事例が多いです。

みゆう
みゆう

私が使いにくいと感じている既製品システムキッチンの収納は「巾木収納」です。低い位置まで腰を落として引き出しを開け閉めするのは大変だなと感じます。便利な機能のように見えて掃除が増える収納もあるので、そのような私の感覚をお客さまにお話しして一緒に考えています。

引き出しの幅や奥行、深さを細かく設定

フライパン、お鍋がジャストフィットで収納できるオーダーキッチン
フライパン、お鍋がジャストフィットで収納できるオーダーキッチン

キッチンの見た目はとてもシンプルなものでも、実は引き出しの幅や奥行、深さを細かく設定しています。
上の写真のキッチンでは、コンロ下の引き出しにはフライパンを立てて収納、手前はフライパンの蓋や高さのあるものを収納しています。深い引き出しにジャストフィットの内引出を追加しているのでホーロー鍋も収納できます。

IKEAの木の収納トレイを引き出しの中に使いたい

IKEAの収納トレイが縦方向にぴったり入る奥行のキッチン収納

IKEAのキッチン収納トレイはデザインも良くお値段もお手頃なので使いたいという人は多いのですが、既製品のキッチンだと収納の奥行が合わないことが多いです。使いたいキッチンツールから「収納寸法」を決められるのもオーダーキッチンの魅力です。

(3)キッチンも含めてインテリアの統一感を出せる

インテリアと統一感のあるキッチン
インテリアと統一感のあるキッチン

現在のキッチンは、ダイニングに面したオープンキッチンにすることが多いです。オーダーキッチンで他の家具やドアと同じ扉面材仕上げにすると、統一感があってすっきりしたインテリアになります。

ダイニング内の造作家具と同じように作れるのもオーダーキッチンの魅力です。

(4)自分の料理方法に合わせたキッチンは家事ラクにつながるため

調理時に隣に置ける調味料ワゴン
調理時に隣に置ける調味料ワゴン

よく使う調理道具を 取り出す使う洗う乾かす片付ける という流れで無駄な動きが無いととても料理が楽になります。例えば食器を食器洗い乾燥機から出して片付けるのも、一歩も動かずに隣の引き出しに収納できるととっても楽です。

また、調味料をひとつのワゴンにまとめておくと、調理をしている横で出し入れして、使い終わったらワゴン置き場に収納できます。その一連の流れはよく作る料理やお鍋などの道具によって変わります。

(5)自分仕様のキッチンは既製品よりもシンプルになる

シンプルなデザインのオーダーキッチン
モダンでシンプルなデザインのオーダーキッチン

そこまでしなくても既製品のキッチンで十分、という方もいるかもしれません。でも限られた面積の中で、少しでも使いやすい収納を増やして、かつスッキリ調理できるキッチンにするにはオーダーキッチンが適していることが多いのです。メーカーが作る機能的なキッチンは確かに魅力的なのですが、正直その機能、必要なのかな!?と思うこともあります。

生活感のあるふきんやまな板の収納
シンク下にタオル掛け+まな板収納

例えばシンクの下をOPENにして、まな板置き場や、布巾かけ、ごみ箱スペースにするとダイニング側に生活感が丸見えになりません。収納や機能を増やすのではなく減らすという考え方ができるのもオーダーキッチンの良さです。機能を厳選して無駄を削ぎ落とすのでデザイン的にもシンプルなキッチンになることの方が多いです。

オーダーキッチンにすると金額的に高くなるのではと心配される方も多いですが、キッチンメーカーのシステムキッチンを選んだ場合でも面材の仕上げ次第ではコストが高くなのは同じです。コスト調整を機器や面材で自由に選択できるのがオーダーキッチンの良さだと思います。

みゆう
みゆう

確かに既製品のキッチンよりもオーダーキッチンの方が割高です。少しでもコストを抑えたいのであれば機器や面材のコストを落として収納を充実させるのもひとつです。とても使いやすいので、キッチンの満足度が高いのはオーダーキッチンだなと思います。

まとめ:暮らしにフィットするキッチンを選ぼう

収納力たっぷりのキッチン

絶対にオーダーキッチン希望!という方以外は、キッチンデザインと並行して機能的に満たす既製品システムキッチンを探しにお客さまとショールームに行きます。でもあと一歩足りない、ということでオーダーキッチンを選ぶことは多いです。IKEAのキッチンも何度も検討していますが、その家族の暮らしにフィットするキッチンにならないのでまだ採用はしたことがありません。つまり、どんなキッチンでもその家の間取りや暮らし方にフィットすれば良いのです。

まとめ
  • 自分の料理方法に合わせたキッチンは家事ラクにつながる
  • オーダーキッチンは必要なキッチン機能を満たせる
  • 自分仕様のキッチンは既製品よりもシンプルになる
みゆう
みゆう

キッチンに暮らしを合わせるのではなく、自分たちの暮らしにキッチンをフィットさせる。ぜひ、これを意識していえづくりをしてくださいね。暮らしに合うキッチンを見つけられればオーダーキッチンでなくてもOKなのです!

LINE公式アカウントよりいえづくり情報をお届けします

いえづくりレシピのLINE公式アカウントより、家事ラク・子育てしやすい・心地よい住まいをつくるためのアイデアをお届けしています!LINE友だち登録して頂くと、いえづくり情報やコラム更新のお知らせを受け取れます。家づくりの質問にもお答えしていますので、友だち追加してくださいね!

友だち追加

いえづくりレシピについて

みゆう設計室のいえづくり

いえづくりレシピを読んで下さってありがとうございます。いえづくりレシピとは、子育て・家事と住宅設計の仕事を両立させてきた女性一級建築士が、自らの悩みと経験を活かした「家事ラク」「子育てしやすい」「心地よい」家のつくりかたと、満足できる家づくりの進め方を紹介するサイトです。いえづくりレシピを書いている女性建築士みゆうの家づくり、間取り相談についてはこちらをご覧ください。

いえづくりレシピとみゆうの家づくりについて

「家事ラク動線の家づくり」のまとめレシピもチェック!

家事ラク動線の家をつくる 「家事ラク動線の家」をつくる