オーダーキッチンを勧める5つの理由

キッチンは「主婦の城」と言われていましたが、今は主婦だけの特別な場ではなく家族の暮らしの重心であり、「キッチンは、ライフスタイルである」と感じるようになりました。

みゆう設計室のいえづくりは「暮らしから住まいをつくる」をベースにしています。
暮らしを家に合わせるのではなく、暮らしにフィットした家をつくるのです。

そのような家をつくろうとすると、どうしてもキッチンメーカーのシステムキッチンでは合わないため、自分仕様のオリジナルのキッチンを製作することが多くなります。

オーダーキッチンってお値段が高そう、何を選んだらよいか難しそう、と不安に思う方のために、今回はオーダーキッチンを勧める5つの理由について書こうと思います。

(1)必要なキッチン機能を満たすため

オーダーキッチンを勧める一番の理由は「キッチンの使い方に合わせる」と、既製品では対応できないから。
どんな料理をよく作るか、どんなお鍋や調理器具をよく使うか、キッチンにいる時の家族の関係などを聞くことで、必要なキッチン機能が見えてきます。

  • リノベーションなので柱がある部分にキッチンを設けたい
  • シンクだけのアイランドキッチンにしたい
  • 土鍋を置きやすいOPEN収納が欲しい

というような要望に対応できる、既製品のシステムキッチンはほとんどありません。
もちろん、これ以外の複数の要望が出てくると、選択の余地が無くなります。

必要なキッチン機能を満たすために、オーダーキッチンを選ぶのです。

シンクのみアイランドのキッチン

「フレンチナチュラルスタイルの家」のシンクのみアイランドのキッチン

(2)無駄な収納スペースを作らないため

既製品のシステムキッチンには収納の仕方に「流行」があります。
各住宅設備機器メーカーのショールームに行くと素敵なキッチンがたくさんありますが、複数のショールームに続けて行くと、収納のスタイルが似ているので「同じキッチンに見える」のです。

もし、そのシステムキッチンが自分の家事の仕方に合えばそれを選ぶのも良いと思います。
ただ、食器や調理器具の量や収納の仕方、料理の仕方に合わせたキッチンにしようとすると、全て制作をした方が「ストレスのないキッチン」になる事例の方が多いです。

お鍋にジャストフィットなキッチン収納

内引出を設けて無駄な収納スペースをつくらないオーダーキッチン収納

キッチンの見た目はとてもシンプルなものでも、実は引き出しの幅や奥行、深さを細かく設定しています。
上の写真のキッチンでは、コンロ下の引き出しにはフライパンを立てて収納、手前はフライパンの蓋や高さのあるものを収納しています。

さらに内引出を設けたことで、通常はフライパンしか縦に収納できない引き出しに、ホーロー鍋も収納できているのです。

その他にも「IKEAの木の収納トレイを引き出しの中に使いたい」という要望に合わせて引き出しの奥行を深くしたケースもあります。

IKEAの収納トレイが縦方向にぴったり入る奥行のキッチン収納

(3)キッチンも含めてインテリアの統一感を出せるため

現在のキッチンは、ダイニングに面したオープンキッチンにすることが多いと思います。
オーダーキッチンで他の家具やドアと同じ扉面材仕上げにすると、統一感があってすっきりしたインテリアになります。

ダイニング内の造作家具と同じように作れるのもオーダーキッチンの魅力です。

インテリアになじむキッチン

インテリアと統一感のあるキッチン

(4)自分の料理方法に合わせたキッチンは家事ラクにつながるため

よく使う調理道具を
取り出す使う洗う乾かす片付ける
という流れで無駄な動きが無いととても料理が楽になります。

例えば食器を食器洗い乾燥機から出して片付けるのも、一歩も動かずに隣の引き出しに収納できるととっても楽です。

また、調味料をひとつのワゴンにまとめておくと、調理をしている横で出し入れして、使い終わったらワゴン置き場に収納できます。

その一連の流れはよく作る料理やお鍋などの道具によって変わります。

調理時に隣に置ける調味料ワゴン、レンジの真上にオーブントレイを収納できる棚。

この写真のキッチンデザインをする上でオーブンレンジの真上に浅いOPEN棚を設けたのですが、トレイの定位置ができたことで動作が減り、オーブン料理をつくる頻度が増えたそうです。

作りたい料理、よく作る料理に合わせたキッチンデザインの効果です。

(5)自分仕様のキッチンは既製品よりもシンプルになる

そこまでしなくても既製品のキッチンで十分、という方もいるかもしれませんが、実際キッチンの使い勝手や収納力に対する不満も多いのです。

少しでも収納力を増やして、かつスッキリ調理がしやすいキッチンにする。

この「スッキリ」がとても大事なのです。

例えばダイニングからは見えにくいシンクの下をOPENにして、まな板置き場や、布巾かけ、ごみ箱スペースにすると生活感を表に見せにくくします。

家電を置いた状態で作業スペースが残るようにすることも大事です。

生活感のあるふきんやまな板の収納

メーカーが作る機能的なキッチンは確かに魅力的なのですが、正直その機能、必要なのかな!?と思うこともあります。

また、各社のAは良いけど、Bは好きじゃない・・・という悩みを相談されたことがありますが、オーダーキッチンなら解決します。

金額的に心配される方も多いですが、キッチンメーカーのシステムキッチンを選んだ場合でも面材の仕上げ次第ではコストが高くなるので、必要な機能でコスト調整すれば大丈夫。

むしろ機能を厳選して削ぎ落とすのでシンプルなキッチンになることの方が多いです。

暮らし方にフィットするキッチンを選ぼう

収納力たっぷりのキッチン

絶対にオーダーキッチン希望!という方でなければ、キッチンデザインと並行してキッチンメーカーのシステムキッチンで機能的に見たすものがあるかチェックをします。

ショールームで確認して見ると、あと一歩足りない、ということでオーダーキッチンをセレクトすることが多いですね。

IKEAのキッチンも何度も検討していますが、その家族の暮らしにフィットするキッチンにならないのでまだ採用はしたことがありません。

つまり、どんなキッチンでもその家の間取りや暮らし方にフィットすれば良いのです。

キッチンに合わせるのではなく、暮らしにキッチンをフィットさせる

ぜひ、これを意識していえづくりをして欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です