変化に対応できるオープン収納のキッチン


 
「森を望む家」のキッチンはとてもシンプルなオープン収納のキッチンです。
収納スペースはたっぷり設けているのでキッチンキャビネットに収納がありません。
使い勝手に合わせて変化に対応できるキッチンです。

ステンレス天板のオーダーキッチン

このキッチンは勾配天井で、トップライトからやさしい光が入り込みます。
昼間は電気がついているのとよく勘違いされます。
このトップライトは北側を向いているのであまりきつい日差しは入り込みません。

ステンレスでハードな雰囲気の天板のキッチンではありますが、ステンレスの天板に壁の羽目板や森がうつり込むのであまりハードに見えないステンレス天板キッチンです。

天板の高さは90センチ。
奥様の思いとしてはご主人の身長に合わせて少し高めのキッチンに。
その分シンクを深くしているので、シンプルな深めのシンクを製作しています。

変化に対応できるオープン収納のキッチン
変化に対応できるオープン収納のキッチン

明確な要望に合わせてつくられたオープン収納

このような個性的なオープン収納のキッチンができたのは、奥様の明確なキッチンへの要望があったからです。

  • 収納は引出や扉を設けず、全てオープンにして棚やかごを自分で追加していきたい。
  • 機能的なステンレスのキッチンが良い。
  • 天板の高さは90cm(高め)そのかわり、シンクは深く。
  • 大きい食洗機を設けたい。
  • 壁や棚にフックなどをかけて調理器具や食器を収納できるようにしたい。
  • 水栓はシンプルな長いレバーのもので。

カウンターの下部はコストダウンするために家具を作る際のベースの箱をそのまま露出させています。
通常は扉が入るL字入隅の回転収納かごも扉無しで施工してもらっています。

意外と入れやすくて良いかも。と、私も勉強になりました。

回転テーブルも、棚も皆オープン
回転テーブルも、棚も皆オープン

森の風景と並ぶ、OPEN棚収納

お鍋やお皿は、風通しの良い場所に見せて置きたいというご要望でしたので、窓と同じラインに固定棚を設けました。
窓下と揃うラインは置く予定のものに合わせて、少し深い奥行の棚になっています。
棚下にフックなどを設けてキッチンツールをぶら下げて収納することも想定しました。
気軽にフックなどをつけられるように板張りの壁、そして集成材の棚板としています。

キッチンで板張りは汚れが気になるかもしれませんが、汚れたときはペンキを塗ったりして別の楽しみ方をするという発想の建築主。
コンロ前はさすがに汚れますのでステンレスを貼りました。

キッチンツールを見せて収納
キッチンツールを見せて収納

ガゲナウの調理器と食洗機

とてもシンプルなキッチンでコストを抑えていますが、食洗機、調理機器は充実させてガゲナウの機器が揃いました。
操作部分がマグネットになっているIH調理器と、溶岩が敷き詰められていて遠赤外線で美味しく焼けるバーベキューグリル。
カウンター下に唯一扉があるのがW600の食洗機で、アクセントとなる濃茶のレザー調の面材になっています。
これだけ機器は充実させていますが、換気扇はプロペラファン、水栓は自在水栓を使っています。
コストをかける部分とかけない部分の差が明確で、とても機能的な面白いキッチンだと思います。

ガゲナウの機器が揃うキッチン
ガゲナウのIH調理器、食洗器、バーベキューグリルがそろったキッチン(竣工時)

たっぷりパントリー収納と車庫からの直接アクセス

共働きご夫婦なので家庭は週末に買い物を集中させることも多く、可能なら車庫からパントリーに直接ストック品を入れたいというご要望でした。
キッチン横には車庫から直接アプローチできる階段があり、インナーガレージの車庫から直接入れます。
パントリーはキッチンの奥にありますが、こちらも扉で間仕切りせずに連続した空間としています。
キッチンの奥にあるのでストックするものはみえませんが、扉がなくゆったりとパントリーに入れます。
パントリーは多くなりがちなストック品を全て一目で見て管理できるように奥行は浅目の可動棚、OPEN棚になっています。

たっぷり収納のパントリー
オープン棚で一目見て置いているものが分かるパントリー

車庫からキッチンに直に入れる階段
キッチンの横に車庫から上がる階段があり、直に食材をキッチンに運べます

キッチンに奥様のワークスペースを

キッチン自体はL字で、お子さんも作業できる高さの作業台を中央に置いています。
キッチンの背面には収納を兼ねた奥様のワークスペースを設けています。
持ち帰り仕事や家計簿をつける作業を、キッチン作業と並行に行うためのアイディアです。
プリンターやパソコンも使えます。
キッチンは料理をするだけの場所ではない。
そのように思わせてもらったキッチンデザインでした。

キッチンの背面にあるワークスペース
キッチンの背面にあるワークスペース