ベンチとシューズクロゼットのある玄関


 
「森を望む家」はシンプルな外観に映える木の玄関ドアをあけて中に入ると、北欧風の空間と森の風景が見えるリビングにつながります。

鉄のドアハンドルを使った木の玄関ドア

横向きのドアハンドルと押板はオリジナルデザイン。
鉄をシンプルに使うのが好きです。
甘すぎることも、ハードすぎることもないシンプルなデザインに。
玄関に設けたスイッチプレートも製作してもらいました。
製作:aizara

このドアをあけて室内に入ると、それまでの住宅地の雰囲気とはがらっと変わって森を望む家となります。

森を望む家の木製玄関ドア
森を望む家の木製玄関ドア

ベンチのある玄関

玄関内部は極めてシンプル。

ブーツを履くときや出かける時にカバンを置けるようにベンチを設けました。
よく履く靴を置くことを想定して高さを決めています。

正面の装飾ガラスは子ども室とつながっています。
少し明るさがプラスされますね。

玄関のベンチ
玄関には靴を下部に収納できるベンチを設けています

シューズクロゼット

玄関ドアの正面には、シューズクロゼットに入るドアがあります。
シューズクロゼットには棚がたくさん設けられています。
片面には靴を並べられる棚を、もう一方の面にはコートがかけられるハンガーパイプと奥行のある棚が設けられています。
家族はここに靴をぬいでいても扉を閉じていればお客さまには見えない、というスペースです。

シューズクロゼットがあるので、家族はいつもそちら側から廊下に入り、玄関はいつもスッキリさせることができます。
シューズクロゼットの横に子ども部屋、トイレ横の手洗いがあるので、お子さんが帰宅してから手洗いまでの動線もコンパクトにまとめられています。

シューズクロゼットの隣に手洗い
シューズクロゼットの隣に手洗いがあります