子育てファミリーが家を建てるタイミングを考える

上棟 「子どもが生まれて家が狭くなったので家を建てたい。」 「子どもが小学校に上がる前に家を建てたい。」 「ローンの完済時期を考えると今が家を建てる時期ではないか。」 子育て世代のファミリーの家づくりのきっかけ。 みゆう設計室が設計する家の建築主も同じような理由で新築・リノベーションをするケースは多いです。 それでは、子育てファミリーが家を建てるタイミングはいつがベストなのでしょうか。

子どもが生まれる前に家を建てるメリット・デメリット

夫婦二人の時に家を建てるメリットは、何よりも「身軽」だということ。 土地探し、家づくりの打ち合わせは子どもがいないほうがスムーズではあります。 みゆう設計室の場合はお子さんがいて(特に乳幼児のお子さんがいる状態で)打ち合わせをすることがほとんどですので私はあまり気にはなりませんが、私自身が我が子(乳幼児だと想定)を連れて打ち合わせをするのは正直疲れると思います。 デメリットはやはり「子育ての状況が分からないこと」 子どもを連れて買い物をすること、子どもがいたら危険だと感じる場所、子どもがいると必要な収納。 それらがイメージできないことはデメリットですね。 それでも、子どもが生まれる前に家を建てたいときは、自分たちがどんな子育てをしたいか。 もしくは夫婦二人の生活で、お互いどんな空間が心地よいかを考えて家づくりをすると良いと思います。

子どもが乳幼児の間に家を建てるメリット・デメリット

子どものいる住まいづくり 子どもが乳幼児の間に家を建てるメリットは、自分たちのこそだての仕方が少し見えたときに家づくりができることだと思います。 未就学児のお子さんがいると、家で過ごす時間が長くなります。 家で過ごす時間が長いと
  • 家が広い方がいいな
  • 近隣にうるさいと言われない家に住みたいな
  • 子どもの様子をしっかり見られる家に住みたいな
  • 子どもの物が雑然としてしまうので片付けやすい家に住みたいな
などという思いが増えてきます。 また、小学校に入る前に家を建てれば「校区」が変わる=転校をしなくて済みます。 その地域に落ち着いて、安心感で子育てができます。 夫婦が比較的若いので融資を受けた場合も返済しやすく、また乳幼児のころは子どもにかかる費用も限られているので、資金的に考えるとお子さんが乳幼児の頃に家を建てると良い、と言われます。 デメリットはというと、やはり子どもが小さいと「壁や床が傷・汚れだらけになる」ことでしょうか。 せっかく新しくてきれいな家を建てたのに、傷だらけでもっと子どもが大きくなってから家を建てたら良かった、ということもあります。

子どもが小中学生の間に家を建てるメリット・デメリット

パーティションで分けた子ども部屋 子どもが小中学生になってから家を建てるメリットは「子どもの意見を聞いて家づくりができる」ことかなと思います。 子ども部屋が必要になるのは小学校高学年以上であるご家庭も多いので、そのタイミングに家を建てると部屋を無駄に使うことがありません。 学用品の収納や、片づけ方まで一緒に考えて、お子さんと一緒に家づくりを楽しめます。 デメリットは土地によっては転校の可能性があるということ。 あとは、お子さんが中学生、高校生になってから家を建てるとその家で過ごす時間が残り少ない、という可能性があること。 そのような時期の場合は、お子さんが自立して家から出たときに個室が使えなくならないように、パーティションなどで仕切っておいて、多目的に部屋を使えると良いと思います。 また、お子さんの「受験」の時期を避けるケースはよくあります。 受験が終わって生活スタイルが変わってから、もしくは受験前に勉強に集中できる個室を設ける、というような理由で時期が決まることもあります。

あなたの家族に一番適した家づくりの時期は?

家族の年齢・家づくりにかけられる予算・収入など、いろんな要素からあなたの家族に一番適した家づくりの時期が決まります。 こそだての時期で比較して家づくりのタイミングを考えると、それぞれにメリットデメリットがあり、どの時期でもそれぞれの家づくりを楽しめます。 ですから、住まいの情報誌や、住まい関係の業者さんの営業トークにも気にせず、マイペースで自分たちに適した家づくりの時期を決めたら良いと思います。 小学校入学前にお友だちの家がどんどん家を建てている、という状況でも焦る必要はありません。 自分たちにとって、無理なく必要な資金を用意できる時期はきます。 しっかり暮らしのイメージを作ってから、家づくりを始めることをオススメします。

家を建てるタイミングが来た時に備えておくこと

家を建てるタイミングに関しては
  • 「貯金」「住宅ローン」のタイミング
  • 「消費税増税」等法的な変化のタイミング
  • 身内からの資金的な援助を受けられるタイミング
など、お金にかかる部分で決まる方も多いと思います。 この点に関しては、早めにマネープランをたてておくことをおすすめします。 なぜかと言いますと、家づくりで一番難しいのが「土地の縁」だからです。 家を建てようと土地を探し始めた時、土地が見つかるまで数年かかることもあります。 逆に数年後に家を建てたい、と思っていたとしても、目の前にふっと良い土地があらわれるかもしれません。 小学校に入学する前に・・・と言っていても、その前に土地が見つからないかもしれません。 早めにマネープランを立てると同時に、自分たちの子そだての仕方、暮らしを考え、イメージを記録しておくと、急に良い土地と出会った時に家づくりをしやすくなります。 これは、数年後に家を建てたい、と思っている方も今すぐ始められますよ。 家づくりのイメージの記録、については改めてレシピを書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です