片付けが苦手な人にオススメ!定位置収納のすっきりキッチン

フードプロセッサー、ブレンダーなどの定位置

片付けが苦手な人でも大丈夫なオープンキッチン

「オープンキッチンに憧れるけれど、片付けが苦手だから無理。」

そんなご依頼こそ、主婦目線の住宅デザイン本領発揮です。

もちろん機能的に見える収納をしたい場合はクローズのキッチンの方が良いこともあります。
そして中途半端に一部だけオープンにしたキッチンほど、すっきり感が薄れてしまいます。

孤立するのは嫌だけれど片付けが苦手なことを理由にキッチンをクローズしないといけない、と思っている方必見です。
片付けが苦手な人こそオープンキッチンにして、片付けやすく、見える・見えにくいを上手に使い分けたキッチン収納を作れば良いのです。

家電の設置スペースは使いやすさと見た目を意識する

家電を置いたキッチン背面収納

家電を置いたキッチン背面収納

キッチンの背面に収納を設けると、家電をずらっと背面収納のカウンターに並べがちです。
インテリアに合う家電も増えてきましたが、キッチン家電は増えていて、たくさんの家電が並ぶとすっきり見えない傾向にあります。

そんな家電は、ダイニング側から見えにくい、低い位置や奥まった位置に設けることがオススメです。

「インナーテラスのある家」のキッチン背面収納の奥側の端には、カウンター下に炊飯器とホームベーカリー用のスライドトレーを2枚並べました。
さらにその下には深さの浅い引き出しを。
カウンター上にはオーブンレンジ、トースター、コーヒーメーカーだけ設置し、カウンター上も作業スペースとして活用できるようにあけています。

足元の浅い引き出しにはホットプレートの定位置を設けています。
ホットプレートを高い吊戸の中に入れたり、入る場所が無くて納戸に置いている家を見ますが、重さがある家電なので高い位置に置くのは危険です。
そのため家電収納の下、低めの位置にホットプレートの定位置を持ってきています。
頻繁に使うものではないからこそ、少し低くて取り出しにくい位置を有効利用しています。

低い位置の引出しは座らないと取り出せないので、深さのあるものを収納するか、利用頻度の低いものの定位置とすると良いのです。
特に腰痛がある、という方には低い位置の引き出しの使い方には工夫が必要です。
キッチンの巾木収納は収納量が増えて便利、と思われがちですが、床に近くてホコリも入りやすく、取り出しやすい高さではないことを考えて収納する物を決めると良いでしょう。

頻繁に使うものを使いやすい定位置に収納するとは限らない

内寸をしっかり決めたオーダーキッチンの引き出し

キッチンの収納の基本は、使う場所の近くに収納するということ。
また、使いやすい場所に頻繁に使うものを収納することです。

このキッチンはオーダーキッチンですので引き出しの寸法も入れるものに合わせた対応が可能です。
この引出しには奥様より「使いたいのに使えていない調理家電を入れたい」とご要望を頂きました。

使いたいのに使えていない調理家電とは
フードプロセッサー、ブレンダー、ミルなどの一式。
今までは吊戸棚の奥に入っていて、使いたくても取り出すのが大変で使えなかったのだそうです。

フードプロセッサー、ブレンダーなどの定位置

そこでこれらの調理家電を実際に全て出してもらい、寸法を測って引出しの幅・深さを決めました。
こんなにすっきり、定位置ができています。

そして、使いたい家電やキッチンツールを使いやすくなることで、料理という家事が楽しくなることでしょう。

生活感のあるふきんやまな板も片付けやすく見えにくい場所に収納

生活感のあるふきんやまな板の収納
オープンなキッチンにして悩ましいのが生活感のあるふきんやまな板、ごみ箱の置き場所になります。

この悩みを解消しているのが、シンク下のオープンスペースです。
シンク下は配管があるため、湿気が溜まりやすいスペースでもあります。

シンク下をオープンにしておくことで、万が一の漏水の時に対処しやすく、また湿気が溜まりやすい場所をなくすというメリットがあります。
それに加えて、ダイニング側から見えにくいゾーンなので、生活感のあるふきんやまな板、ごみ箱などを置くのに最適。

オープン部分に取り外し可能なステンレスバーを数本設けているので、まな板を置くことも可能です。
まな板も扉内に入れないので、乾きやすいというメリットもあります。

お盆やトレイなど、薄い物のキッチン収納

お盆や配膳トレイ用のキッチン収納
使う人と使わない人が分かれるのが「お盆」や「キッチントレイ」。
小さな器を使って配膳する方はトレイを使いますし、主にワンプレートにする人はあまり使わないでしょう。
このトレイのような薄いものを収納する定位置として吊戸の最下段を利用しています。

この吊戸をあけて、すぐ下のカウンターにトレイを置き、そのままここに配膳。
という一連の作業の流れを考えた収納スペースです。

キッチン吊戸の一番下段はよく使うものを入れる収納スペースです。
このご家族は頻繁にキッチントレイを使うからこそ、このキッチン収納なのです。

片付けが苦手な人こそ、自分の家事の習慣を考えてキッチンを作ろう

収納する定位置があれば、使いたい道具を使い、すぐに片づけられます。
片付けが苦手、という人こそ、持ち物を見直してモノの定位置をつくることで、使いやすくて、すっきりしたキッチンを作ることが可能になります。

キッチンの収納の基本は、使う場所の近くに収納するということ。
「きっと使いやすい場所にあったら使うはず!」というものに関しても、比較的使いやすいゾーンに定位置を設けるという方法もあるのです。

その優先順位はそのキッチンを使うご家族次第。
頻繁に使うキッチンツールや食器もそれぞれ異なりますし、料理の仕方も異なります。

自分の家事の習慣を考えて無駄な動きが減るキッチンをつくると、片付けや家事が苦手な人の家事負担が減ること間違いなし!です。

このコラムに登場するお住まい

インナーテラスのある家