キッチンの洗い物かごを隠す収納キャビネット

家の中心にあるオープンキッチン
キッチンは使いやすいことに加え、「きれいな状態」を保てるデザインであることがとても大事です。

収納できないものが見えてしまうと、「キッチンがごちゃごちゃしている」という住まいの悩みにつながります。

もちろん日常では使いやすいように出して良いものが、来客時やリラックスしたいときに隠せるようになっていること。
オープンなキッチンを作る時に大事なポイントです。

生活感を感じるキッチンツールは

  • 洗い物かご
  • ふきん
  • まな板
  • 洗剤やスポンジ
  • ゴム手袋

など。
生活感のあるそれらのキッチンツールの「定位置」を考えるのも主婦ならではのキッチンデザインです。

キッチンの洗い物かごを使うとき、来客時に片付けたいとき

キッチンの洗い物かご
このキッチンは家の中心にあり、暮らしの中心となるオープンなキッチン。
洗いあがった食器を上げるために、シンク内の洗い物かごを使います。
シンクの中に洗い物かごが納まるので、日常使いにはとても便利なツールです。
ただ、来客時に洗い物かごが出ていると、生活感が見えてしまいます・・・。

そこでこのキッチンのシンク下にある開き扉の収納のサイズを調整。
洗い物かごを収納できるサイズに開き扉内部の収納を計画しました。

内部は可動棚になっているので、洗い物かご以外のものを置いてもOK。
定位置を決めても、変化に対応できるようにしてあります。

キッチンシンク下に洗い物かご収納

洗いかごに食器をたくさん入れているときはどうする?

キッチンのすぐ横にパントリー
でも、洗い物かごの中に大きいお皿などが乗っていたらシンク下の収納におさめるのは大変。
そんな時はキッチンのすぐ横に設けられているパントリーに置く、という方法があります。

(実際のところはほとんどパントリーに置いているそうです。)

このパントリーには前の家で使われていた食器棚を設置していて、炊飯器などの家電はこのパントリー内の食器棚に置いています。
家電もたくさん見えるとごちゃごちゃして見えるので、キッチンをすっきりさせるためには近接したパントリーが有効になります。
炊飯器を置くので、パントリーにも換気扇を設けています。

洗いかごだけではなく、来客時に見せたくないもの、買ってすぐのものなどもパントリーがあるとさっと置いておけますね。

安心してモノを置けるスペースがあることも、家事がしやすいキッチンの大事なポイントです。

このコラムに登場するお住まい

キッチンを囲む家